インプラント・義歯

インプラント

一般歯科

インプラントとは、チタン製のねじのような形をしたもので、これをあごの骨に埋め込みその上に人口の歯をかぶせます。当院では、ストローマン社のインプラントシステムとノーベル・バイオケア社のシステムを導入しております。


安全性を確保するために、CT撮影しコンピューター上での3Dシュミレーションして埋入位置を決め、ガイドを製作して、埋入手術を行っています。ガイドを用いることにより、ほぼシュミレーションした位置に、インプラントを埋入できるため、より安全な手術ができ、術後経過も改善されます。

また、ドリルを用いない大口式インプラントシステムも導入しており、骨が薄い患者さんには、こちらのシステムで埋入手術を行っています。

すべての患者様には適用できませんが、骨増生を行うことにより、その適用範囲は拡大しています。残存している歯に過大な負担がかからず、自分の歯にちかい感じで咬むことができます。


ブリッジ

小児歯科

ブリッジによる治療は、喪失した部分の歯の数が最大4本位までで、喪失した部分の両隣にしっかりした歯が残っている場合に可能になります。両隣の歯にかぶせ物をする必要があり、それらの歯には通常よりも大きい負担がかかります。


インプラント上の義歯

インプラント

インプラント上の義歯による治療では、2本から4本のインプラントを顎の骨に埋めて、それにより入れ歯を安定させます。この場合、歯ぐきを切開せずに埋入することができるので、痛みや腫れが全どありません。


義歯

予防歯科

義歯による治療は、適応範囲が広く、咬む力はそれほど出せませんが、多くの場合食事には支障がない程度に機能的な回復ができます。審美的には残った歯に留め金をかけるため、その部分が目立つ場合があります。留め金が目立たないような装置を製作することもできます。