虫歯・根の治療

虫歯治療

一般歯科

虫歯は、虫歯を引きおこす菌が糖類から酸を産生し、その酸により歯のカルシウム成分が溶け出して、歯に穴が開いた状態です。虫歯を防ぐためには、糖類の摂取量・摂取法のコントロール(食習慣)、虫歯菌のコントロール(ブラッシング)、歯の強化(フッ化物の使用)が有効な手段になります。
初期の虫歯は、ブラッシング指導、食習慣の改善、フッ化物の使用により進行を防ぎ経過観察を行います。
虫歯が深い場合は虫歯の除去と修復が必要になります。最小限の虫歯除去を行い、2次虫歯(治療後の虫歯)を防ぎ、歯の神経を保護するために接着性のある材料でコーティング(樹脂含浸層)をおこなって、表面を修復します。
虫歯を除去した部分に詰め物をする際に、保険適用外の審美性の高い樹脂を詰めることができます(写真参照)。この材料は型を採る方法と異なり、直接歯に詰めることができるので、型を採る方法と異なり、虫歯の部分のみ除去すればよく、健全な歯の削除を最小にすることができます。また歯に直接、強力に接着するので、2次虫歯になり難く、歯と詰め物の境目が目立ちません。


根の治療

小児歯科

歯髄(いわゆる神経)にばい菌が入り歯が痛くなった場合や、以前神経をとった歯が痛んだり、その歯の周りが腫れた場合は、根の中を徹底的にきれいにしなければなりません。
その際に、マイクロスコープ(顕微鏡)を用いて、根の中を拡大して見ながら、清掃することにより、治療の成功率を高め、治療回数を減らすよう努めています。また、CT撮影による3次元画像を用いることにより、より確実な診査、診断が可能になります。