審美

一般歯科

歯科治療においては口元の美しさを重視する必要があると考えております。

セラミッククラウン(写真参照:8万円~)のようないわゆる差し歯による治療では、形態や歯の三次元的な位置について仮歯で調整してから製作に入ります。理想的な色や透明感など実現するため、写真撮影を行い専門の技工所に送り、最終仕上げの前にベテランの技工士に来院してもらい色調の微調整を行います。最終的には患者様の納得が得られるまで調整、あるいは作り直しを行います。

歯が無くなった部分の治療には、ブリッジ、インプラント(埋入25万円~)、義歯により患者様の希望にあわせて、歯列を再現します。 歯がない部分の治療において、歯の三次元的な位置や形態は唇の形や顔貌に影響するため、位置決めにおいては最終的な歯の位置を仮歯で検討してから製作に入ります。

色調の調整についてはセラミッククラウンの場合と同様に技工士に来院してもらい最終調整を行います

ホワイトニング(片顎1万2千円)の際には、処置後に予想される色調について十分に説明してから、実施します。

虫歯治療で、歯に詰め物をする際に、保険適用外の審美性の高い樹脂を詰めることができます。(写真参照:2万5千円)


この材料は型を採る方法と異なり、 直接歯に詰めることができるので、虫歯の部分のみ除去すればよく、健全な歯の削除を最小にすることができます。また歯に直接、強力に接着するので、2次虫歯になり難く、歯と詰め物の境目が目立ちません。