インプラント1本あたりの費用って?治療にかかる料金相場も分かりやすく解説

インプラント治療の費用相場と内訳

いつもご覧いただきありがとうございます。東京都中央区日本橋箱崎町にある、東京日本橋あさひ歯科です。

インプラントは一般的に、一本30〜50万円程度とされており、この価格には奥歯と前歯の差はほとんどありませんが、前歯の場合は見た目の審美性を重視するため、一般的な相場よりもやや高めの設定となるケースが多くなります。

本日は、インプラント治療の一本あたりの費用相場とその内訳についてご説明いたします。

目次

インプラント1本の平均費用ってどれくらい?


インプラントの平均費用は、一本につき約30〜50万円です。この費用には、手術費用、インプラント体(歯根部分)、アバットメント(つなぎ部分)、人工歯(歯冠部分)のすべてが含まれます。前歯と奥歯での大きな価格差はありませんが、技術的な要求や追加の治療が必要になることもあり、使用するインプラントのブランドや人工歯に使用する素材(ジルコニア、セラミック、金属など)、そして歯科医院によっても価格は異なります。治療前には、治療計画と費用の詳細を確認することが大切です。

インプラント治療にかかる費用、
どんなことにお金がかかるの?


先ほどご説明したように、インプラント治療の費用は治療する箇所や歯科医院の方針によって変動します。以下では、インプラント治療の費用相場を、治療箇所ごとに詳しくご紹介いたします。

奥歯1本あたりの費用相場

まずは、奥歯のインプラント治療にかかる費用をご紹介いたします。奥歯1本あたりの費用相場は以下の通りです。

項目 費用
検査と診察料 1万5,000~5万円
手術費用 15万~35万円
人工歯の費用 5万~18万円
総額 約20万~60万円

奥歯のインプラント治療にかかる費用相場は、1本あたり20万~60万円程度となります。ただし、歯科医院によっては異なる規定や、使用するインプラントのブランドによって費用が異なります。治療を検討されている方は、事前に治療費の見積もりをお願いすることが重要です。

前歯1本あたりの費用相場

次に、前歯のインプラント治療にかかる費用相場をご紹介いたします。前歯1本あたりの費用相場は以下の通りです。

項目 費用
検査と診察料 1万5,000~5万円
手術費用 15万~35万円
人工歯の費用 10万~18万円
総額 30万~60万円

前歯のインプラント治療にかかる費用相場は、1本あたり30万~60万円程度です。しかし、前歯の場合は見た目の美しさがより重要となりますので、人工歯の製作費用が若干高くなるケースが多くあります。奥歯よりは費用が少し高くなるかもしれないと思っていただくと良いと思います。

なぜインプラント治療は高額になるのか


インプラント治療が高額になる理由について、以下に詳しく説明します。

保険が適用されない自費治療である

インプラント治療は機能性や審美性を追求する保険が適用されない自費診療の一環として位置付けられており、保険治療と比較すると高額な費用がかかることが一般的です。

一部例外を除いて、インプラント治療は保険適用外であり、患者さんの負担が全額となることがほとんどですので、インプラント治療=高額というイメージがついています。

専門的かつ高度なスキルが必要

インプラントのような外科的な手術が必要な治療には正確な診断が必要です。また、インプラントの箇所だけでなく、インプラントをすることで他の歯に与える影響も踏まえたプランニングが重要で、このようなお口の中全体を考えた総合的な治療を行うためには、高い技術と経験が求められます。誰もが簡単にできる治療ではないため、優れた歯科医師の治療を受けるためには一定の金額がどうしてもかかるケースが多いです。

インプラントの本体が高価

インプラント治療には、高額な本体費用もかかります。現在、世界中には100以上のインプラントメーカーが存在していますが、そのなかでも、信頼性の高いインプラントメーカーの製品は、研究や開発に力を入れていることや高価な素材を使用していることもあり、価格もそれ相応に高額になります。その分、こうした信頼性の高い大手インプラントメーカーの製品は、アフターケアが手厚いため、長期的に考えると患者さんにとって良い選択肢になることが多いです。

治療に長い時間がかかる

インプラント治療は想像以上に時間がかかる治療です。他の治療法に比べ手順が多く、その分費用も高くなってしまうことが多いです。例えば、顎の骨とインプラントを結合させる必要があるのですが、骨が十分にある良いケースで4~5ヶ月、骨が少ないケースだと7~13ヶ月かかります。期間がかかればかかるだけ、患者さんもですが歯科医院の負担も大きくなりますので、治療費が高くなる傾向があります。また、インプラントをして治療が終わるのではなく、インプラント周囲炎や抜け落ちなどのトラブルを防ぐため、治療後も定期的なメンテナンスが必要です。安いことが悪いことではありませんが、治療後も継続的なアフターフォローをしてくれる歯科医院かどうかを見極めることも重要でしょう。

充実した設備や優れた衛生環境が必要

インプラント治療の費用が高額になる要因の一つとして、治療の安全性や確実性を確保するために必要な設備投資の存在があげられます。特に重要なのは、滅菌や感染予防のための設備です。インプラント手術は、歯科治療の中でも非常に高度なものであり、適切な手術を行うためには、歯科用CTやインプラント手術専用の機材などの専門的な設備が必要です。これらの設備は通常の機材と比較して高額なものが多いため、治療費が高くなる要素になります。

さらに、インプラント手術は外科手術を伴う治療ですので、一般的な歯科治療よりも厳格な滅菌環境と清潔な設備が求められます。

インプラント治療は保険適用されるの?医療費控除は?

保険が適用されないインプラント治療ですが、保険適用の特例もあります。例えば、生まれつきの顎の骨の欠損や形成不全、または病気や事故で大きな骨の損失がある場合です。また、「医療費控除制度」を活用することで、インプラント治療の一部の費用が救済されることがあります。この制度では、1年間に支払った医療費が10万円を超える場合に適用となり、税金の還付を受けることができます。一般的にインプラント治療の費用相場が30〜50万円ということを踏まえると、数万円の税金が還付されることになります。

医療費控除は過去5年間までの治療費も申請対象なので、確定申告の際にしっかりと申請を行うことで少しでも治療費の負担を下げることができるのです。治療を受ける前には費用や制度を理解し、経済状況を考慮した無理のない治療法を選択することが重要です。

インプラント治療の費用、もう少し抑える方法は?


インプラント治療の費用を抑える方法について考えてみましょう。例えば、複数の歯科医院で治療費の見積もりを取ることや、治療費用が異なる地域の歯科医院を検討することが挙げられます。また、医療費控除制度を活用することも費用を抑える一つの方法です。インプラントにしなかった場合の状況や、インプラントをした後の状況を想像しながら、ご自身に合った治療方法を検討し、またそのような相談に乗ってくれる歯科医院を探し出すことが肝心です。

地域によってインプラント治療費用って変わるの?

これは歯科医院によって費用は異なるのですが、歯科医院の場所によって、インプラント治療の費用が変動することがあります。都心に位置する歯科医院は高額な家賃がかかるため、治療費もそれに比例して高くなります。全国平均の治療費が20万~40万円であるのに対し、都心部では30万~50万円の設定をしている歯科医院が多い印象です。治療費を節約するために、自宅から離れた歯科医院で治療を受けることを検討される方もいるかもしれません。しかし、インプラント治療後の定期メンテナンスが欠かせないことを考えると、通いやすい場所にある歯科医院をおすすめします。

まとめ


いかがでしたか?インプラント治療にかかる費用は、都心部や地域によって異なりますし、一般的な費用相場は、一本あたり30万~50万円程度ですが、都心部ではさらに高額になる傾向があります。治療費が高額になる理由には、保険適用外であることや、専門的な技術や高度な設備が必要なこと、インプラント本体の高価な素材などが挙げられます。しかし、医療費控除制度を活用することで、治療費の一部が還付される場合もあります。治療費を抑えるためには、自宅から通いやすい場所の歯科医院を選ぶことも重要です。

インプラントでお悩みの方はぜひ一度東京日本橋あさひ歯科にご相談ください。

水天宮の歯医者|インプラントなら東京日本橋あさひ歯科

日付:   カテゴリ:インプラントコラム and tagged