公開日:2024.07.08 最終更新日: 2024.07.10

虫歯治療

当院の虫歯治療について

当院の虫歯治療について

当院では、患者さんのお気持ちに寄り添う診療を大切にしております。「痛みの少ない」治療に十分な配慮をし、また可能なかぎり「歯を削らない・抜かない」治療を重視することで、歯の寿命を最大限に延ばせるよう努めています。
お口周りのことで少しでも気になることがございましたら、まずは当院へご相談ください。

痛くない優しい虫歯治療をめざして

「麻酔の注射が苦手」「治療の痛みが怖い」という方も、どうぞご安心ください。患者さんの歯科治療に対する不安やストレスにもしっかりと向き合い、できる限り緩和できるよう様々な取り組みを行なっております。

痛みを最小限にする取り組み

  1. 超極細の針を採用しています

    歯科で最も細いとされる超極細の針を採用しています。麻酔の注射針が細いほど痛みを抑えることが可能です。

  2. 表面麻酔を事前に施します

    本麻酔の前に粘膜の表面麻酔をすることで、歯ぐきに注射をする際のチクリとした痛みをほとんど感じない程度に和らげることができます。表面麻酔は塗り薬やシールタイプなので痛みはありません。

  3. 電動麻酔器を導入しています

    電動式の麻酔器を用いることで、ゆっくりと一定のスピードと圧力で麻酔液を注入することができ、麻酔注入時の痛みを抑えることが可能です。

  4. 麻酔液を体温に近い温度に温める

    注射をするときに感じる痛みの原因の一つとして、麻酔液の温度と体温の温度差があります。事前に冷たい麻酔液を人肌に温めておくことで、麻酔注射による痛みを感じにくくすることができます。

健康な歯を守る(残す)虫歯治療

  1. マイクロスコープや拡大鏡を用いた

    緻密な治療

    マイクロスコープや拡大鏡を用いた緻密な治療

    ごく初期の段階の虫歯は、肉眼では確認できない場合があります。そのため当院では必要に応じて、拡大鏡やマイクロスコープを使用することで初期虫歯の早期発見につなげています。また、治療時においても患部を拡大して見ながら処置を進めることで、歯を削る量を極力抑えつつ的確に虫歯を除去することが可能です(Minimal Intervention 治療=低侵襲な治療)。

    マイクロスコープや拡大鏡は、削った部分に詰め物をする際にも活用できます。歯と詰め物の間に段差や隙間が生じてしまうと、そこから二次カリエス(治療した歯に再度できる虫歯)の原因となる場合がありますが、マイクロスコープによる拡大視野で治療することで、段差や隙間を見逃すことなく詰めることが可能となり、虫歯の再発防止につなげることができます。
    患者さんの大切な歯をお守りするために、慎重かつ丁寧に緻密な治療を行なってまいります。

  2. 再発を予防し、

    治療後もしっかりとサポート

    再発を予防し、治療後もしっかりとサポート

    患者さんが虫歯を繰り返さないために、治療後のサポートにも力を入れています。定期的な検診やメインテナンスを通じて、患者さん一人ひとりに合わせた予防プランをご提案させていただき、将来的な歯の健康づくりも末長くお手伝いいたします。

  3. 予防歯科について

虫歯の原因と予防ケアの
重要性について

虫歯の原因と予防ケアの重要性について

虫歯の原因とは

人の口の中には、たくさんの菌が存在しています。その数はなんと1000億個以上にものぼり、120〜350種類を超えるといわれています。中でも、う蝕(虫歯)の原因菌の一つとされるのが「ミュータンスレンサ球菌」です。

ミュータンスレンサ球菌は、食べ物や飲み物に含まれる糖からプラーク(歯垢)をつくりだし、歯に付着して増殖を始めます。そして、このプラークの中で砂糖や炭水化物が発酵して酸が生み出され、この酸によって次第に歯が溶けていきます。これが虫歯のはじまりなのです。

虫歯を繰り返さないためには

適切な虫歯治療を受けて回復した歯も、甘いものを頻繁に摂取して歯磨きをおろそかにしていれば、何度でも虫歯は再発してしまいます。そうして治療を重ねるごとにご自身の大切な歯質が減り、次第に歯の強度は低くなってしまいます。つまり、虫歯を繰り返すほど歯はもろくなり、最終的には破折や抜歯のリスクが上がる「負のサイクル」におちいるのです。

この「負のサイクル」を食い止めるためには、やはり日頃の正しい予防ケアが不可欠です。適切な食生活を心がけながらきちんと歯磨きを行い、定期的に歯科医院でのプロフェッショナルケアを受ける習慣を身につけることで、虫歯リスクを最小限に抑えることが可能です。

虫歯の進行と
治療方法について

  1. C0:ごく初期の虫歯

    C0:ごく初期の虫歯

    虫歯の原因菌によって歯の表面のエナメル質が溶けはじめた状態です。白く濁って見えますが、痛みなどの自覚症状はまだほとんどありません。歯面の汚れをキレイに取り除き、適切なセルフケアの指導などを行います。またフッ素を歯に塗布することで再石灰化を促し、進行の抑制が期待できます。

  2. C1:エナメル質内の虫歯

    C1:エナメル質内の虫歯

    歯の表面のエナメル質が溶け始めた段階の虫歯です。痛みがないことから、つい放っておきがちとなる状態です。虫歯の部分だけを削除して、合成樹脂(レジン)を充填します。

  3. C2:象牙質に達した虫歯

    C2:象牙質に達した虫歯

    虫歯がエナメル質の内側の象牙質に達した状態です。象牙質はエナメル質より軟らかい組織であるため、虫歯の進行はより速くなります。C1と同様に合成樹脂(レジン)を充填します。また、範囲が大きい場合は削ったあとに歯型を取り、金属やセラミックの詰め物(インレー)を作製し欠損部の修復をしていきます。

  4. C3:歯髄(神経)に達した虫歯

    C3:歯髄(神経)に達した虫歯

    虫歯が象牙質の内側の歯髄にまで達した状態です。この段階では歯髄に細菌が進入することで激しい痛みを伴う場合があります。歯髄の炎症が重度な場合、歯髄組織を除去してから根管内を消毒しシーリング材を充填します。また、歯髄が死んでしまった歯はもろくなるため、クラウンなど被せ物をします。

  5. C4:歯質が失われた虫歯

    C4:歯質が失われた虫歯

    歯冠が溶けて根の部分のみが残っている状態です。C3の場合と同様に、治療を行い被せ物をするか、またやむを得ない場合は歯根部を抜歯し、ブリッジ・入れ歯・インプラントなどの方法で補うこととなります。