歯周治療

歯周病の原因は歯に付着している細菌の固まりであるプラークであり、このプラークを取り除くことが、通常最初に行う治療になります。そのような治療を歯周基本治療と呼び,これにはプラークコントロールスケーリング・ルートプレーニングがあります。
プラークコントロールとは、ハブラシ、デンタルフロス、歯間ブラシなどで毎日歯の清掃を行うことにより、歯に付着したプラークを除去することです。当院では適切な清掃法を数回指導し、その後治療のたびにプラークコントロールの状態をチェックし、その都度改善法をアドバイスすることにより、プラークコントロールが達成できるようにしています。

スケーリング・ルートプレーニングは歯科医あるいは歯科衛生士が行う処置で、ハブラシなどでは除去できない歯石などの付着物を除去することです。歯肉に覆われていない歯の表面についた付着物の除去は比較的容易なのですが、歯肉に覆われた歯の表面についた付着物の除去は困難なので、当院では通常、歯肉に覆われてない部分について2回、歯肉に覆われた部分について6回前後通院していただいており、その際プラークコントロールの指導も平行して行なっています。

歯周基本治療により多くの場合、歯ぐきの腫れなどの強い炎症症状はなくなります。ここで炎症が消失する軽度の歯周炎の場合はこの後定期的なメインテナンスを行ない、炎症のない状態を維持していくことに努めます。

歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)が深い(中等度から重度の歯周病)場合、徹底的に歯ぐきの奥を清掃し、プラークコントロールしやすい歯ぐきの形態を獲得するために、歯肉剥離掻爬手術を行い、歯槽骨の形態と歯周ポケットの改善を計る場合もあります。

歯周病により歯槽骨が吸収された場合、従来の方法では吸収された部分の回復は望めませんが、エムドゲイン(骨誘導タンパク質)や骨移植により歯槽骨が再生し歯周組織の回復が可能な場合もあります。

プラークコントロールを困難にする適合の悪い修復物は、歯周治療により歯ぐきの状態が安定してから、適合がよく、清掃しやすい形態の修復物に作り換えることをお勧めしています。